FC2ブログ
連休2日目の日曜日、エドモントンのイベント会場ノースランドで、アンティーク・ショウがあるというので行ってみた。

ノースランドへは、車か電車が便利。
電車(LRT)なら降りる駅は、エドモントン・オイラーズのアイスホッケー・リンクのあるコロシアム。
アンティーク
降りたら...閑散としている。
本当にイベント会場でショウをやっているのか疑いながら中へ入る。

アンティーク2
一応やっていた。ホッ。
その名も、ワイルドローズ・アンティーク・コレクターズ・ショウ。
いかにもアルバータな名前。
ワイルドローズとは、アルバータの州花である、アルバータ・ローズを指している。


そして7ドル払って中に入ると、会場風景はこんな感じ。
やっぱりなんとなく空いている。
アンティーク3

アンティーク4

アンティーク5

今回のイベントは、アルバータのアンティーク個人コレクターが集まって自分のコレクションを並べてみせたり、売ったりするというものだった。青空骨董市のアルバータ版、屋内骨董市という感じ。
何かもっと大々的なアンティークのショウかと思ったので、ちょっとあてが外れたけれど、会場の個人ブースをくまなく見て回り、掘り出し物を探してみた。
結局何も買わなかったけれど、一軒南米からの大変珍しい骨董品を売っている人がいて、亀の甲羅の仮面とか、骸骨をかたどって釘を沢山刺した木彫りのロウソク立てなど、凄く欲しい!と思ったが、甲羅の仮面はちょっと高かったし、骸骨ロウソク立ては呪いがかかっていそうだったので結局買わなかった。
それでもあの値段だったら、買っておいて後々かなりの高価な宝物になったかも!と、ちょっと後悔。
カルガリーの方で、自宅にあるコレクションを持って来たと言っていたので、普段は見る事が出来ない貴重なモノを見る事ができたのは良かった。
将来どこかで運命的にあの人と再会したら、何か一つ購入してみよう。
帰り際に写真撮らせてもらおうと思っていたのに、やっぱり忘れてしまった...残念!

帰宅後、なんだか妙に疲労してしまいぐったり。立っているのも辛くて夕飯も作れない状態だった。
アンティークの呪いか? なんか背負って来てしまったのかな。



さて本日のおまけ。
種まき5日後の野菜たち。
トマトの芽が出ました。バジルは4つ蒔いたと思っていたけれど、どうやら一つのポットに二つずつ、少なくとも6つは蒔いていたようだ。
蒔いたそばから忘れるなんて、私の脳は大丈夫でしょうか...
野菜


本日もご訪問ありがとうございました。
今年はイースター・ディナーのお呼ばれが無い寂しい私に、イースターお祝いクリックしてください!^^
ブログランキングバナー   にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へにほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ




スポンサーサイト