FC2ブログ
カナダには数多くの芸術系非営利団体が存在しているが、エドモントンにもいくつかあって、Latitude 53(ラティチュード・フィフティスリー)もその一つ。
一般にアーチスト・ラン・センターと呼ばれているこの非営利団体が経営するギャラリーで、アルバータ大学大学院、版画コースに在学中の留学生の個展オープニングがあったので行って来た。

アーチスト・ラン・センター(Artist-Run Centres )とは、大まかに説明すると...
営利を目的としていない芸術家協会が運営する組織で、美術の場合は通常オフィスとギャラリーを持っている。
日常の業務は仕事として雇われているディレクター、運営自体は推薦と立候補によって選ばれた理事長、理事会メンバー数人によって行われる。
運営資金の多くはカナダ政府、州政府、各都市自治体からの助成金と、メンバー会費(芸術家だけでなく、一般の人誰でも会員になれる)、寄付、2年に一度のカジノ資金(カジノ資金については、そのうち書いてみたいと思います)、年に数回のファンド・レイジング(資金集め)によってまかなわれている。


で、個展はこの方。
パトリック
パトリック2
パトリック・ジェイ・リード。 アメリカ人です。

30 x40cm程の作品を8枚つなげた版画,ドローイング、コラージュのミクスト・メディア
目一杯いろいろな物が描かれていて、しかもどんな脳内なんだろうと興味が湧くほど面白いのだが、じっくりと観ているうちに目に入って来る情報が過多でどっと疲れて来る。画面が騒がし過ぎて空間、間がないからか不安になる。
ただし、不安というものが本人の中にテーマとして存在しているようなので、見ている人を不安にさせるということは、成功しているとも言えそうだ。

が、一つ一つが完結した作品である絵は特に、8枚綴りにする必要性が感じられない。
本人もその辺りには多いに気がついているようなので、今後に期待したい。
まだ学生だから、これからですね。

7点ほどあった中で、8枚綴りでも比較的成功したと思われ、展示されている中で私が一番良かったと思ったのはこれ。
本人もこれが一番気に入っているらしい。
パトリック5


パトリック3

パトリック4


パトリックの個展は学生等を対象の、小さい方のスペースだったのだけれど、メインのギャラリー・スペースでは、アルバータ大学卒業生の個展が同時にオープン(実際はこっちがメインの展覧会ですが)。
ブレンダ
ブレンダ・ドラニー。
大変ミニマルなペインティングです。

ブレンダ2
広々としたギャラリー空間に、ミニマルなペインティングがぽつぽつ。

下手すると簡単過ぎで、まだ描き終わってないのでは?と思われてしまいかねないあっさりさで、かなり勇気がいる作品。
水彩のドリーイングが特にそう思えてしまうのは、薄いからかな。
賛否両論ありそうな絵ですね。


では、最後に。
こちらはLatitude53の入り口。
Latitude53

で、これはビルを入って、入り口に向かう階段。
Latitude53

古いレンガ作りで、ちょっといい雰囲気。
この隣にある、『ガレージ・バーガー』は、エドモントン1美味しいバーガー屋との噂。
2度ほど行ってみたけれど、確かにバーガーは美味い。しかしカロリーは高そう。
美味しい割に、2回とも店内にあまり人が居ないのが不思議だったけれど、昼どきには混んでいるらしい。
エドモントン在住または観光で来て興味のある方は、お試しあれ。
隣がバーだし、薄暗いので昼に行かれると良いでしょう。



今週はアートづいていて、実はもう一件ぜひ載せたい記事があるのだけれど、立て続けになるので来週のお楽しみ。
それまで応援クリックよろしく!
ブログランキングバナー   にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へにほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ





スポンサーサイト