上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨年6枚目のスタジオアルバム『ザ・セカンド・ロウ〜熱力学第二法則』(The 2nd Law)をリリースした、英国のロックバンド『ミューズ(Muse)』が、3年ぶりに再びエドモントンへやって来た。
場所は、今回もまたマフリファナの香り漂うレクサル・プレイス(Rexall Place)。

ミューズ
左から、ベースのクリス・ウォルステンホルム(Chris Wolstenholme)、フロントマンでヴォーカル・ギター・ピアノ担当マシュー・ベラミー(Matthew Bellamy)、そしてドラム担当のドミニク・ハワード(Dominic Howard)の3人組。
昨年のロンドン・オリンピックの閉会式でのパフォーマンスも記憶に新しい。


3年前に来た時には見逃してしまったので、今回は私としては珍しく積極的に行く気満々かなり楽しみにしていたのだが、チケット売り出し当初の値段が、昔からコンサート自体に強い執着心と熱意が無い私にとってはやはり高かった。そこでいつもの様にギリギリまで待ち、チケットの値がかなり下がったところで購入。(プリンスの時にもそうして安チケットを手に入れたのであった。)もちろん良い席は無くなっているし、売り切れということも覚悟。運良く安く買えて双眼鏡持って、その場で歌と演奏が聞けて、ステージを観る事が出来るならば良し。購入した席は2階のコーナーで、特別に悪いというわけでもなかった(双眼鏡は必要でしたが)。

で、コンサートですが、良かったです!
このコンサートツアーでは、『ザ・セカンド・ロウ〜熱力学第二法則』からの曲ばかりで決めるのかと思ったら、過去のヒット曲を結構沢山入れていて盛上がりました。聞いた話では、ツアーの都市ごとに楽曲の内容が替わるとか。本当なんだろうか。
曲と曲の間に『エドモントン、サンキュー』くらいしか喋らなかったり、個人的には、特別好きでなくて行ったのに、心から大満足だったプリンスのコンサート(観客へ対するサービスや一体感、エンターテイメント性)には及ばないとは思ったが、何しろミューズの音楽が好きなので、実物の歌と演奏を目の前で観る事が出来た、それだけで十分楽しむ事が出来た。
曲ごとに変わる、凝った創りのスクリーン映像もとても面白かったが、何と言ってもヴォーカル、マシュー・ベラミーの歌声が相変わらず美しく素敵だった。口パクなんじゃないか?と疑った程、この人は本当に歌が上手い。しかも、こんなに魅力的な声のヴォーカルを持つバンド、滅多にいませんッ!



映像が面白かったステージ上の逆ピラミッド型LDCスクリーンは、列ごとに繋がっていて、上下して列の位置が変わり逆ピラミッドがピラミッドになったり、全部ステージまで降りて来たりと大掛かり。

ミューズ
こんな感じにぶら下がっていたのが、


ミューズ
途中で入れ替わって、


ミューズ
舞台の上でピラミッドスクリーンに。舞台のスクリーンと一体になって、巨大立体スクリーン状に。ミューズも居なくなって、音楽と映像だけ流れることしばし。



ミューズ
そしてピラミッドスクリーンが上ると、ミューズ再び登場。(アンコールは1回しか無かった気がしたが、これが最初のアンコールだったのかも?)


それにしても、今年前半3〜4ヶ月に渡る北米ツアーの開催地にエドモントンが再び選ばれた事は非常に光栄である。が、今回のチケットの売り上げ、期待以下だったらしいので、次の北米ツアーでエドモントンに寄ってくれるのか、微妙。
丁度アメリカン・フットボールの優勝決定戦であるスーパーボウルが同時間帯に放送されていたので、その影響もありかも? 



余談ですが...レクサル・プレイスで売ってる水(実は水道水といううわさもある一番安いダサニ(DASANI)、4ドルもする)、ボトルのキャップを外してキャップ無しでよこすので、総立ちのコンサートで座席の下とかに置いて蹴って倒したら嫌だと思い、私の肩がけポーチに立てに入れて置いた。ここなら安全!と。
しかしコンサート半ばに、すっかりそのことを忘れ、疲れたので一休みしようと座ってしまった...。冷たい感覚で、しまった!と思った時には既に遅く、こぼれた水は全て股の方へ。
その姿は、ちょっとチビッちゃったっていうささやかなものでは無く、どこからどう見ても、
”ミューズが良過ぎて思い切りお漏らししちゃった中年女”。
このまま明るい場に出るなんて恥ずかし過ぎて出来ないっ! コンサートが終わっても、場内から出られな〜い!と、真剣に焦る私...。
その後残りの時間、股間が湿っていてかなり気持ち悪かったが、とにかくコンサート終了までに目立たなくするため、必要以上にノリノリで立って踊ってるうちに、絞れる程濡れていたパンツ、1時間以内でほぼ分からないくらいに乾いてくれた。
この時程、乾燥した土地に住んでいる事に感謝したことありません!!!

水はやはり座席下に置くべきだったと後悔したのは勿論だが、この体験を得て改めて思った。
これからは、町中で股間が濡れている人を見ても、単純に”漏らしてる!”と、思わない様にしよう。”人に訳あり”と、広い心で受け止め、様々な角度から物事は見るものだ、と。

この歳になって何ですが、なんだか人生を学び直した気分。
やっぱり、行って良かった!ミューズのコンサート。


ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキングバナー
スポンサーサイト
先週末の土曜日、なんだかついこの間も来た様な気がするザ・ブラック・キーズ(The Black Keys)が、またエドモントンにやって来た。
私はあまりこの手のロックには興味が無い、というか、夫から聞くまで存在自体を知らなかった程なので、前回は行かなかったのだけれど、夫が割と好きなのと、今回は義理兄が15歳の息子と息子の出来立てほやほやの初めての彼女を連れて行くというので、そっちの方に興味を持って行く事に。
場所は、最近アイス・ホッケーよりもコンサートで行くことの方が多いコロシアム『レクサル・プレイス(Rexall Place)』。エドモントンの東京ドームのようなものです。

ブラック・キーズ
エドモントン・サンより。


コンサートは午後8時から。しかし前座が1時間演奏後、30分の休憩を経て9時30分開演となった。
前座無しで1時間遅れで登場したプリンスの時よりは待ちくたびれませんでした。
前座を務めたのは、イギリスの人気ロックバンド、アークティック・モンキーズ(Arctic Monkeys)。北米での人気はまだそれほどでも無いせいか、始まって暫くはまだ座席がかなりガラガラ。途中で会場を出て行ってしまう人も。ちょっと気の毒でしたが、北米のマーケット獲得の為に頑張って、かなり気合いの入った演奏だったと思う。しかし私の個人的好みからかけ離れたタイプの音楽なので、正直面白くはなかったけれど、素晴らしいドラムテクニックではありました。
それから、音がうるさ過ぎて耳栓無しでは難聴になりそうな感じでした。


そしてブラック・キーズ登場では、ステージのライトやスクリーンもパワーアップ。いつの間にかアリーナも一杯、観客席もほぼ満席に。お客さんの盛り上がりと、奇声の上がり具合にもかなりの差が。
私の席はステージ真正面の一階の席だったけれど、意外と細長いので双眼鏡を持たずに行った事を後悔。

ブラック・キーズ
ボーカル、こんな顔だったんですね、と後に思う。


ブラック・キーズの音楽に興味は無いと言っても、嫌いではないので、まあまあといったところ。アークティック・モンキーズと比べると、覚え易いリズムで面白かったと思う。
コンサートチケット購入後から、夫にブラック・キーズのCDを散々聞かされ仕込み万端で行ったので、『あ、この曲知ってる』と、それなりに楽しむ事が出来た気がする。
ただ、曲作りや演奏等良いミュージシャンではあると思うけれど、観客との交流、観客を盛上がらせるようなエンターテイナーではないな、という感想。
特別好きというわけではなくても、観に行って良かった!と思わせたプリンスとは異なり、登場~演奏~退場で丁度1時間、というなんともサラッとしたコンサート。観客とのコミュニケーションに欠かせないトークは殆ど無しで、アルバム一枚分の演奏ひたすらという感じ。アンコールも一回だったし。最後まで盛上がるファンに囲まれつつ、私は盛上がれないまま終わってしまった。
チケット代が違うといっても、プリンスのコンサートがアンコール3回に3時間だったのと比べると、あっさり過ぎ。

ブラック・キーズ、エドモントンにまた来ても、もう今度は行かないと思います。
しかしコンサートとは関係なく、義理兄の息子の彼女に会えたので良し、と。
それにしても、女の子15歳って大学生みたいに見えるけれど、義理の甥はまだまだ少年という感じ。しかもロックコンサート・デートに、パパと叔父さん(夫)も一緒って、可愛いですね。彼女は彼女で友達連れて来てたし。


最後に、ブラック・キーズの音楽を知らない方は、こちらをどうぞ。
こんな感じ。これは割と好きな曲です。

シングル「ロンリー・ボーイ(Lonely Boy )」のミュージック・ビデオですが、口パクで踊っているおじさんはメンバーではありません。このビデオのためにオーディション?で選ばれた方とのこと。


売れない役者さんだったのが、このビデオで一躍有名に。

ダンスもおじさん自前のオリジナルなのか?と謎ですが、インタビューでもなんとなく素人臭さが。
人の運って、分かりませんね!



さて、昨日の記事の最後にもちょっと触れましたが、クロコ、再び今日獣医に連れて行きました。
本当にニキビなの?と疑っていたけれど、やっぱりニキビとのこと。
人間のニキビと違って中年で出ることも結構あるとか。原因は色々で、アレルギー、喧嘩の引っ掻き傷、汚れ、ストレスなどで毛が抜けたりして毛穴が詰まって炎症を起こすらしい。それにしても沢山なんですけどね。
一応化膿自体は収まっているけれど、出血しているし、すっかりハゲてしまって皮膚の状態が悪いので、これから2週間ステロイド治療をすることになりました。それから、人間のニキビ用の消毒ジェルで殺菌も。
しかしクロコ、1週間1日2回の化膿止め投薬のおかげで、私が近づくと薬かと思って逃げ腰になるくせが付いてしまったので、これから2週間も更に投薬(錠剤)したら、すっかり怖がられて嫌われてしまいそうです。しかも家に帰って来なくなってしまいそうな...。


クロコのニキビが良くなって、顎に早く毛が生えてきますように。
応援クリックの方もどうぞ宜しく!
ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキングバナー
カナダに上陸中のスパースター、プリンス
『ウェルカム・2(トゥー)・カナダ』(Welcome 2 Canada)と題したコンサート・ツアーで、エドモントンへもやってきました。
プリンス
場所は、エドモントン・オイラーズのホーム、レクサル・プレイス(Rexall Place)

私が特別プリンス・ファンという訳ではなく、夫が好きなので、安いチケット3階席$40(因に2階席で$160くらい)で観に行ったのだけれど、観に行って良かったです!
双眼鏡も持って行ったし、3階でも十分満足出来ました。

しかし、8時からの開演なのにプリンス様、1時間遅れで登場。しかも、会場の灯りが消えた後もかなり観客をじらしまくりのもったいぶった演出。ロックコンサートは必ず遅れて開演というのは”常識”だけれど、さすがに40分過ぎた辺りから、観客の間で待ちくたびれ&いらだちムードが。前座も無いから、狭いシートにただ座って1時間待ちは軽い拷問のようなのもの。
でもやはりスーパースターです。
1時間後にやっと登場したプリンス、何事も無かったかの様に「エドモント~ン」を連発しながらノリノリ。
そしてプリンスの「エドモント~ン」というだけの叫びに、犬の様に反応して盛上がるエドモントニアンたち。

プリンス

観客を喜ばす術は、催眠術のようにお見事で、そしてプロフェッショナルなパフォーマンスにバンド演奏も素晴らしく、さらにVIPぽい観客をステージにあげて一緒に踊らせるなどのファン・サービスも。
ダンス、ギターの弾き語りもあり、歌はもちろん口パクなんかではなく、合間合間に観客へ直接語りで、ファンの心をわしづかみ。


80年代から90年代に、マイケル・ジャクソンと人気を分かち合っていたプリンス、往年のヒット曲のオンパレードに、マイケルのカバー曲なども織り交ぜ、あっという間に時間は経ち、「サンキュ~、エドモントン! おやすみ~」と舞台下へ沈んで行った。
この時点で1時間半くらい。私としては、ちょっと短くて物足りないかなという感じだったけれど、もちろんアンコールで再び登場。しかも30分くらいと長いパフォーマンス。更に短かったものの、2度目のアンコールにも答えてくれた。
2度目のアンコールが終了し、会場の灯りが付いてプリンス様御一行も立ち去り、舞台の片付けが始まってもなかなか立ち去らない観客。手拍子や口笛、雄叫びでプリンスを呼び続ける事およそ15分。なんとファンに答えるために一旦退場したプリンス様再び舞台に上がって来て、会場の灯りがついたまま3度目のアンコールに答えた!
「皆、家に帰りたくないの~?」の問いかけに、「ノー!!!」と答える観客たち。
歌の途中で会場の灯りを再び消させて、ライティングも舞台上のスクリーンも復活で、3度目のアンコールは意外にも2度目のよりも長かった。

私はロック系のコンサートには片手で数えられるくらいしか行った事がないが、アンコールが3回のコンサートは初めてで、昔読んだくらもちふさこの漫画『アンコールが3回』を思い出して、妙に懐かしくなりました。
プリンスも丁度同年代頃かなり流行っていたし...
なんか、年齢がバレそうですが、今回の観客の年齢層も割と高そうでした!


結局合計で2時間ちょっと。
プリンスのコンサートは3時間!という前フリよりは実質短かったけれど、ひたすら待っていた8時からの開演を含めたら3時間ではある。


1994年に”プリンス”という名を捨てて、発音出来ないプリンスという男性(♂)と女性(♀)を融合させたシンボルがアーティスト名になったが、その後再び”プリンス”へ。
プリンスって、芸名かと思ってたら、本名なんですね!
プリンス
シンボルは今でもプリンスを現すマーク。舞台もこのシンボルマークをかたどったもの。
自分のパフォーマンスでは、カメラ撮影・録画を堅く禁じているプリンス。
私も入り口でデジカメ没収されましたが、携帯電話はOK。携帯電話持っていない私は、会場で携帯撮影している人達見て、ちょっと納得いかなかったね。なので、今日アップした写真はネットから。

それから、『ピクシーズ』の時も気になったけれど、今回もまた私の周りでマリファナを吸引している人が...2時間のコンサート中2回は漂って来た。マリファナの匂いって独特。でも、タバコの匂いよりは良いけれど...
入り口でライターとか鞄の中身もチェックしているけれど、やはり空港と違ってセキュリティーはゆるゆる。私もデジカメはポケットにでも入れておくべきであった。



それしてもプリンス、昔とあまり変わってないし、53歳ということだけれど見た目年齢不詳。ステージもエネルギッシュだし、ハンサムで笑顔がなんとも素敵でした。
そして、存在感はあるけれど、やはり小さかったです。

ブログランキングバナー にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へにほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ 
梅雨のように毎日雨の日が続くエドモントン。週末も結局ずっと雨でした。
今年もまた国際ストリート・パフォーマーズ・フェスティバルが8日から始まったが、今日も雨で、屋外イベントにとっては今のところかなり残念な状況。

外は寒いし雨だし蚊が多いしで、あまり外出もしないまま過ぎてしまった先週末、夕方にちょっとだけ出かけてみたのが、SOSミュージック・フェスティバル。SOSは、 Sounds of Old Strathconaの略で、会場はもちろんオールド・ストラスコナ(Old Strathcona)のメインストリートであるホワイト・アベニュー(Whyte Avenue)。

SOS Fest
お出かけは、ちょうど雨が上がった合間。それにしてもどんよりとしています。


SOS Fest
フェスティバルはホワイト・アベニューのセンター付近2ブロックを歩行者天国にしてステージを設置。
ステージは歩行者天国西側外れに一つ、


SOS Fest
そして東側に一つと向かい合って2つ。
路上のテントは、オールド・ストラスコナにある店が出店。


今年は9組のパフォーマーがステージに立ったようだが、私たちが観に行ったのはGobble Gobble(ゴブル・ゴブル)というテクノ・ポップグループのコンサート。
SOS Fest
別にテクノ・ファンだからというわけではなく、このリードヴォーカルが義理兄の教え子なので、観に行ってくれと言われたため。この人、もともと法律を勉強し、有名大学の大学院にも受かっていたのにそれを蹴って音楽の道に進み、そこそこ成功して頑張っているらしい。


SOS Fest
法律とは大分違うテクノ音楽への道。
最後はステージに登って踊る人達もいて、かなり大盛り上がり。確かに楽しそうな感じではあったけれど(私は秋葉原での路上ライブというものを観た事がないのですが)、なんとなく自分の中にあるアキバ系ライブとは、こんな感じなのでは? というイメージ、ゴブル・ゴブルの音楽とパフォーマンスには、そんな私の想像するアキバ系の匂いがプンプン漂っていた。
コスチュームに身を包んだ可愛い女の子は居なかったけれどね。

可愛い女の子の代わりに、ステージ前で緑のタイツに身を包んで踊っている人も知り合いなのですが、エドモントンの若い音楽家の育成に情熱を注いでいる人で、自信もプロのミュージシャン。でも今は二人の子供達(長男と長女)のステージパパで、この子供達も小さいころから音楽教育を受け、数多くの場でライブを開いているセミプロ。まだ彼らが小学生の時に路上ライブをやっているのを観た事があるのだが、当時も既に大人顔負けの演奏だったけれど、現在はティーンになり、腕もかなり上がっています。
再来週は、その子供達のコンサートを観に行く予定。



おまけ:
ホワイト・アベニューの1ブロック南にあるストリップ・モールの店。店名が、
Obasan
『オバさん』....どういう意味なのか、とても気になります。
クッションのようなものを売っていたような覚えがあるけれど、再確認はしていません。


ブログランキングバナー   にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へにほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ

5月1日の日曜日に、ピクシーズ (Pixies) のコンサートへ行った。
場所はダウンタウンのイベント会場、シャウ・コンファレンス・センター(Shaw Conference Centre)
ピクシーズは、80年代に活躍した、アメリカのオルタナティヴ・ロックバンドで、映画『ファイトクラブ』のエンディングでも有名。
私はピクシーズを知らないだけでなく、オルタナティヴ・ロックには興味が無いのだけれど(『ファイトクラブ』は好きでした。)、夫が学生時代にファンだったのと、今回は家族親睦会も兼ねていて、いつの間にか私の分のチケットも購入されていたので行ってみた。


感想は...
やっぱり特に好きなバンドではないためか、私としてはイマイチ楽しめなかった。(ファンの方、ごめんなさい)
曲の感じが同じように聞こえて途中で眠くなったり。
バックに映された映像が結構面白く、演奏技術も上手いしさすがにプロ!という感じだったけれど、解散再結成後は新曲よりも、過去の曲を中心にしたコンサートツアーで稼いでいる様子。今回の楽曲も全てかつてのアルパムから。それでも会場を埋め尽くしたファンにとってはかなり興奮ものだったようだ。

昔の姿を知らないのだけれど、バンドメンバーはなにげに太っていたり、男性3人は髪が無かったり薄かったりで、おじさんおばさんバンドだな~という感じだったが、客層は10代から50代くらいまでと幅広く、現在でも若い人の心を掴んでいる、というのは立派。
65ドルのチケット、5000枚完売したそうです。


撮影は出来ないのかと思ってカメラは持たずに行ったけれど、実は演奏中も撮影している人が沢山居た。
自分で撮ったのが無いので、エドモントン・ジャーナルから写真を拝借。


ピクシーズ
ボーカル、ギターのブラック・フランシス (Black Francis)。


ピクシーズ
ボーカル、ベースのキム・ディール (Kim Deal)。


ピクシーズ
シンプルなステージセット。バックのスクリーン映像は色々と変化して面白かった。


シャウ・コンファレンス・センターの会場はそんなに広くない。
実は私がコンサートそのものよりも、とっても驚いた事。それは、コンサート中にマリファナを吸う人が多い!ということ。
始まって間もなく、タバコとも違う妙な香りでマリファナと気がついたのだが、よく見ると、アリーナを埋め尽くした観客の頭から黙々と白い煙が! しかもあっちからもこっちからも。私の後ろでも。

エドモントン、公共の場での喫煙は堅く禁止されていて、バーでもタバコは吸えないし、コンサート会場も禁煙だったけれど、マリファナ喫煙はオッケーなんでしょうか? 
狭い会場で最初から最後まで2時間くらいマリファナ漬けになって、私もちょっとポットヘッドに...


ブログランキングバナー   にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へにほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。