上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日の夜はまた雪が降ったものの、今日は気温が上がって雪が溶け始めたエドモントン。
住宅街を歩くと、屋根の雪下ろしをしている家が沢山あった。
私はこれまで10年間、エドモントンで屋根の雪下ろしをしている人や家を見た事がないのだけれど、さすがに今回は皆ヤバいと思ったのだろう。何がヤバいのか?雪下ろしをする最大の理由は、雪の重みで屋根が潰れるというよりも、雪融け水が家の中に入ってきてしまうのを防ぐため。

どんな風に屋根から雪融け水が家の中に入り込むのか、図を見たら分かり易いかと思い、ネットで見つけて来ました。
英語だけど、しくみが分かるかと思います。(寒い地方の方はご存知かと思いますが...)
アイスダム4
気温が上がって雪が融け、夜になって再び凍結、屋根の先端につららと一緒に厚い氷となって定着する。この氷の塊をアイス・ダム(氷ダム)という。
室内からの温熱や、再びの外気の温度の上昇で残りの雪が溶けた時、氷が邪魔をして雪と氷の間に水たまりが出来る。そしてちょうど氷に塞き止められたダムのようになる。
行き場を失った水は、屋根の隙間を伝って屋根裏、壁裏、そして最終的に家のどこかに漏れ出る。

家の木材や壁、電気配線へのダメージ、カビの発生など、良い事はないので、出来る事なら避けたい、アイス・ダム。

我が家の屋根も危ない状態だったので、
屋根の雪

気温が上がる以前、数日前に雪下ろしをしました。


雪下ろし2
ウチは、北向きで屋根が角度を変えて繋がっているこの部分に、雪と氷がたまり易い。


雪下ろし3
雪下ろし用の道具は、カナディアン・タイヤ(CANADIAN TIRE)でも売っているらしいけれど、このように余った木材で適当に作れます。(ただし作りが甘いと、すぐに壊れる。)


雪下ろし4
屋根に登っていけないので、届く範囲のみの雪下ろし。


雪下ろし6
下ろしても下ろしても、まだある。
下ろした雪を集めておく場所も尽きてきました。


そして、雪下ろしが気になるこの方と、
クロコ
パパ、何やってるんニャ?


この方も外へ。
ティガー
おいらもお手伝いするニャ。


ついでに、この日の戦利品は、
つらら
まるでナルニア国の白い魔女の元から持って来た様な、立派なつらら。(落としたらすぐに壊れた。)


さて、半分弱終えた所で道具が壊れた上に、夫も疲れてしまったので雪下ろしは止め、あとは屋根に貼ってある電熱線に任せていたのですが、今朝起きてキッチンへ行くと、カウンターの上に怪しい水たまりが。
水の出所を慎重に探した所、どうやらアイス・ダムによる水であることが判明。屋根、天井から来て戸棚の隙間を伝って滴っていた模様。
そして更によく見ると、天井にある木材のペンキが膨らんでいる部分も発見、気になって針で穴をあけてみたら、案の定水が出て来た。その後は雨漏りの様にポタポタと垂れ続け、こんな状態になってしまいました。
アイスダム

アイスダム2


この家に越して以来、雪融け水が室内に入って来たのは、これが初めてではなく3回目。
屋根の向きや形によって、アイス・ダムの出来易い部分に、
アイスダム5
我が家でもこの写真例(ウチではありません)の様に電熱線をはっているのだけれど、大抵はスイッチを入れておけば大丈夫だった。
しかし今回の雪の量と、その下に大量に張り付いていた氷は、電熱線の効果だけでは足りなかったようだ。
それから、前回の雪下ろしもやり足りなかったようである。
今日は早速また夫が更に上の方まで下ろしてみたけれど、果たして水漏れは止まってくれるだろうか?


今回は台所の戸棚の木、家の支えになっている木材や壁に、今までに無いダメージがでてしまったけれど、
アイスダム3
今のところこれほどは酷く無く、


アイスダム7
こんなに重傷でもないのは、不幸中の幸い。


でも実は、見えないところが一番心配です。
アイスダム6
湿気プラス、家の暖房で黒カビ発生!
これだけはどうしても避けたい。
家がカビにやられてダメになるだけでなく、黒カビは強烈な発がん物質なので、危険で暮らせず、建て直しするか大改装するしか無くなってしまいます。



家の無事を祈って!
応援いただき、ありがとうございます。

ブログランキングバナー にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へにほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ 

*後に、電熱専用のブレーカーがいつの間にか下りていて、全く役に立っていなかったことが
 判明。
 どうやらそのせいで水害にあってしまったらしい。それに気がついたのは本当に偶然で、こ のまま気がつかずにいたらそれこそ、上記の重傷写真のように大変な事になっていたはず。
 まさに不幸中の幸いです。

スポンサーサイト
9月にしては寒すぎる毎日が続いているエドモントン。
今年は冷夏で雨が多く、しかも夏と言える期間がひと月も無かった様な...それでも夏休みだけはちゃんとある。
我が家では毎年夏休みには、家のどこかしらを修理/改装しているのだけれど、この夏は昨年秋と今年春の家の基礎修復と排水工事で破壊された前庭の再造園をした。
節約のためには、自分たちで出来る限りやるのが一番。

ということで、ランドスケーピング(造園、庭作りってことです)初挑戦です。
芝生がメインなので、初心者でもなんとかなるでしょう。

まずは土の購入から。
表面的な再造園なので、造園用の土、ランドスケーピングソイルは不要。
前庭
今回は、The Black Dirt Company(ブラック・ダート・カンパニー)で、トップソイル7ヤードを購入。しかし、勘違いで10ヤード置いて行きました。
この写真では半分以上の土をすでに広げ済み。


住宅のランドスケーピングにおいて大切なのは、家に近くなるほど高くし傾斜を作ること。
雨水が家の方ではなく、外へ流れ出るようにし、地下室に水が流れ込まないようにする。
特に地下基礎に問題がある家では、これ重要です。
前庭2
家に近い部分、色が違うのは、土ではなく粘土。
最初に粘土で傾斜を作っていくのが一番効果的。


トップソイルを家から歩道に向かって傾斜になるように万遍無く引き延ばした後は、芝生と芝にはしない場所を分ける。
分けるために使用したのが、こちら。
前庭11
ガーデン・エッジング。ガーデンストアや造園用品の店で売っています。
別にこれじゃなくても良いのだけれど、我が家の庭の他の場所にも使用しているのと、安くて簡単、円形向きということで使用。


さあ、もうすぐ種まきが出来ます。
が、その前に芝ローラーをレンタル。
アメリカベースのホーム・センター、Home Depot(ホーム・デポ)で1日レンタル13ドルです。
因にカナダベースの大型店は、RONA(ロナ)。値段、商品は微妙に異なる。サービスは似たり寄ったり。

前庭3
プラスチックのローラーの中に水を入れて使う。
水で重くなったローラーを転がして、トップソイルを安定させる。


ローラーを転がした後、もう一度土の状態をチェック。気に入った形になっているか、傾斜はどうか、くぼみが無いかなど。
満足であれば、種まきに入ります。

前庭4
ホーム・デポで購入、一番安い種と、種まき用のトレイ(日本語でなんと言うのか分かりません)。
中に種を入れて、オレンジの取っ手を回すと、種が前方180度にまき散らされる。楽だけれど、蒔きたく無い所にもかなり飛び散る。


前庭5
種を蒔いた後は、種が少し土と混ざるように、道具を使って軽く土を掻く。


前庭6
最後は水を抜いた芝ローラーで軽く押し付けて出来上がり。


発芽まで、土を乾燥させないように朝夕水まきをする。
そして、種まきからおよそ一週間後、発芽開始。
前庭8
実は雑草が先に発芽しました。このトップソイルは安いからか、雑草の種が多く含まれていたようだ。
エッジングのカーブが今ひとつだが、やり直すのは面倒なのでこのままで。芝生が伸びれば目立たなくなるでしょう。

更に、10日後。
前庭9
雑草との競争。
黄色いのは、ブリティッシュ・コロンビア州での山火事の煙の影響です。
本当は芝生側にはもっと高く土を盛るべきであったと、後に判明。


そして現在は、こうなっています。
前庭10
発芽したら伸びるのはあっという間。
蒔いてからひと月で、既に2度芝刈りをしました。

雑草は、種を実らせない様に芝刈りと一緒に刈り続ければ、大丈夫らしい。
芝生の生え具合がまばらで、パッチの様になっているけれど、来年見てまだまばらであれば、また種を追加で蒔く予定。

芝生は、Sod(ソッド)といって、すでに成長したものを丸めた商品もある。
広い庭や公共の場なんかは、皆これ。
芝生8
トップソイルの上に乗せて芝ローラーを転がすだけ。見た目も奇麗に仕上がる。

ウチで種にした理由は、やっぱり安い!からです。
芝生の見た目にそれほどこだわりもない、というのも理由。
更に、種から育ててみたいということもありました。

蒔いた時期がちょっと遅かったので、後は冬越し出来るかどうか、ですね。
頑張れ芝生!

来年の春には、エッジングで分けた土の部分に徐々に植物を移植予定。

ブログランキングバナー にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へにほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ 

カナダでは、自分たちで家の改装をする人が結構多い。
ちゃんと信頼出来る人を見つけるのが難しい、という理由もあるが、やはり一番の理由は、頼むと高いから。
もちろん、水まわりの工事や電気配線はプロに頼まなければならないが、内装を自分たちでやればかなりの節約になる。
ホコリっぽい肉体労働な上時間もかかるので、なるべくだったら誰かにやってもらいたいとは思うけれど、基本の壁作りは覚えてしまえば結構簡単だ。

地震がないからこそ素人でもできてしまう室内改装工事。部屋のサイズや位置を変えたり、全ては2x4(ツーバイフォー)で作っているため、きちんとした間取りの計画さえ整えたら、あとは組み立てていくだけ。
ところで、2x4(ツーバイフォー)とは、2インチx4インチということだけれど、実際の材木は、1.5インチx3.5インチ。

例えば、SNAP版画工房の内装工事の例から。(SNAP版画工房についてご存じない方はコチラを)

ドライウォール
2x4の材木を使い、最初に作りたいサイズの壁の枠を床の上で組み立てる。
それを必要な壁の数作ったら、立ててネジで組み合わせるだけ。
下の2x4は、コンクリートに直接ネジでとめる。
電気の配線が必要な場合は、この段階で行う。(この写真では、時間節約のため、反対側のドライウォールがすでに貼られてしまっていますが。)

この2x4にネジが入るように、ドライウォールを貼って行くわけだけれど、

ドライウォール8
このように、8フィートx4フィートのドライウォールを、横向きにして上から貼っていく。
横にするのは、材木が縦なので、強度を高めるため。
この写真は、昨年自分たちで改装した我が家の地下室ですが、外に面しているコンクリートの壁には、2x4の間に断熱材をしっかりと入れて、湿気よけの厚いビニールでまんべんなく覆ってから、ドライウォールを貼る。
ビニールは、冬場の冷たい外気が内側の暖かい空気と当たって水滴になり、壁の後ろにカビが発生するのを防ぐために大変重要。外に面した家の壁は全てこのビニールで覆う。天井も含め、通気性の無いようにするのが基本。
室内の内装壁では、断熱材やビニールは特に使用しない。

因に、何もしていない地下室の壁は、
地下室
コンクリート(家の基礎)です。
このままでは、室内の熱がすぐに失われ、身も財布も寒い。
しかし、断熱材と暖房を入れない小部屋を造れば、食物貯蔵庫として大変便利。


ドライウォール4
ドライウォールはカッターで傷をつけるとすぐに割れるため、壁のサイズに合うように加工しやすい。
全く切らないドライウォールも、切ったドライウォールも、合わせ目があるので、それを隠す必要がある。


ドライウォール5
合わせ目にはこのテープを使う。これが、沢山あって一番安い。

ドライウォール3
テープはドライウォール用のパテで貼付けるが、パテは粉を買って自分で混ぜるタイプのものと、すでに混ぜ合わせてあって即使えるものがある。自分で混ぜる粉の方が安いが、ヤスリで磨いた時に粉埃がすごい。
この写真のパテは、即使えてもっと高いが、削った時に殆どの粉が舞うよりも下に落ちるという、若干健康に優しい商品。


ドライウォール6
まず、合わせ目にパテを付けて、水で湿らせたテープを貼っていく。
間に空気が入らないように、パテナイフなど使ってしっかりと貼付ける。
ここで、テープがしっかりと張り付いていないと、後でひびが入ったり膨らんだりして、修正しなくてはならなくなるので、最初が肝心。
後から修正の手間を考えると、最初に時間をかけてでもしっかりと貼付けた方が良い。


ドライウォール7
テープの上から更にパテをのせ、ナイフを使ってなるべ表面がスムーズになるようにする。
ネジ穴もパテで埋めるのを忘れない。


外側の角と内側の角には、テープではなくてアルミニウムで固定された形のコーナー用のカバーが売っているので、それをテープと同じ方法で貼付ける。
コーナー用は、違った角度や形に合わせたものがホームセンター(ハードウェア・ストアー)に揃っている。

ここでは、ドライウォールが基本の横張りでなくて、なぜか縦張り。
しかし小さなスペースなので、縦でも取り立てて問題は無し。
自宅だったら、絶対に縦にはしません。

ドライウォール8
この後完全に乾いたら、耐水性紙ヤスリでパテの表面をスムーズになるように磨く。大抵1層では足りないので、2層目のパテ塗り、ヤスリがけ、必要に応じて3層目のパテ、磨きを繰り返して、合わせ目の分からない一枚の壁になるようにしていく。


ドライウォール9
自宅地下室。


この作業が済んだら、壁についた粉を奇麗に祓って、ペンキ塗り(地塗り、本塗り)へと入る。
最終的には、こうなりました。
地下室
自宅地下室の工房の一部。
床張りも自分たちで、机もお手製です。

我が家の地下室の全改装費用は、材料、工具、新調した棚や引き出し、ライトなど、合わせておよそ5000ドル。
全日程は、夫婦二人で働いて約2ヶ月なり。
はっきり言って、楽しい作業ではないけれど、仕上げた時の達成感はなかなか気持ちよいです。

ブログランキングバナー にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へにほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ 

昨日エドモントンで、エコ・ハウス・ツアーなるものがあった。
現在市内で建築中の、最新のテクノロジーを使った限りなくエコな家をいくつか一般開放し、見学して回れるというツアー。家によってそれぞれ異なるエコ技術で、地熱を利用した家や、ソーラーパワーの家など色々あったらしい。
そしてこのエコ・ハウス・ツアーに参加中の一軒は、夫の小学校からの親友の家。3年越しで建築中の、彼らの究極のエコ・ハウスを見に行って来た。
カナダのテレビ局、グローバル・テレビジョンの取材や、家の建築素材やテクノロジーで関わった各会社の説明・プロモーションもあり、結構大勢の見学者が来ていた。

エコハウス
エコ・ソーラー・ホーム・ツアー。


エコハウス2
家の表側。

エコハウス8
裏から見た家。
外から見ると豪邸そうなこの家、実は両親との2世帯住宅。


そして、この家の何がそんなに『エコ』なのか、というと、
まず、
エコハウス3
通常2重のガラス窓のところ、この家の窓は全て3重。

それから、
エコハウス4
通常の家の2倍から3倍はゆうにある、壁の厚さ。
断熱材は3段式で、断熱効果の最も高い選りすぐりの素材で、全ての壁と屋根をもれなく囲ってある。

この2点で、冬場の室内の暖気喪失量が、通常の家と比べて圧倒的に少なく、ガスの使用量を抑える事が出来る。


エコハウス7
この家のエネルギー源はナチュラル・ガス。
ガスは、日本から直輸入したジェネボシステム。世界で日本のこの会社だけが取り扱っているという、超省エネのガスシステムで発電もし、最小限のガス量で家全体の暖房、温水、電気の全てをまかなっている。
ただし、あまりにもパワフルなので、普通の一戸建てよりも、この家のように2世帯住宅など大きめの家向きらしい。

そしてこのジェネボシステムで、
エコハウス5
床暖房、普通の暖房の両方を。これは床暖房のダクト。


エコハウス10
カナダの家の地下室には必ずある、ボイラー室。
2つある巨大な温水タンクも、ジェネボシステムで暖める。


IMG_0415.jpg
こちらは、電気の配線パネル。電気もこれまたジェネボシステムから。
更に、必要以上に発電しすぎた電気は、電力会社が買い取ってくれるそう。


そして、地下室にあるこの巨大なタンクは、雨水を溜めるもの。
エコハウス6
飲み水としてはまだ使用出来ないのと、トイレに雨水を流す事を法律で禁じられているため、この水は主に庭の植物用に使うらしい。そして、いずれ法律が変わってトイレやその他の生活用水として使える日が来るのを期待しているそう。
因に、雨水を効率良く溜めるために、屋根は通常の素材ではなく金属で出来ているらしい。
金属屋根だとうるさそうだけれど、屋根の断熱材には防音効果もあるはず。

この他にも、細かい内装にもエコなこだわりがあり、使用する壁や床、戸棚の素材も健康に悪い科学糊を使っていないもの、壁を塗るペンキも有害な物質を使用していない物、それから電球等々万遍なく気を使っている。

完成したらホーム・パーティをするはずなので、その時には出来上がった家を見るのが楽しみです。


ところで、少し横道にそれますが、雨水をトイレに流す事が違法である理由は、配水管に必要以上の水を流すことによって、大雨時に配水管があふれてしまうことを阻止するためかと思っていたらそうではなくて、本当の理由は、『トイレの水を飲んで、消毒していない水からの細菌感染による健康被害を防ぐため』だそうな。
トイレの便器の水、飲む人っているんでしょうか? 違法にするくらいだから、普通の人はつい飲んでしまっているのか!と、かなりびっくりですよ。よちよち歩きの幼児が飲んでしまうっていうこと? それでも、便器のふたをちゃんと閉めておくとか、幼児には簡単に開けないようにするとか、親が工夫すれば良いと思うのは私だけ?
別に雨水じゃなくても、便器の水には細菌いっぱいいそうだし、便器の中の雨水を飲んでしまうよりも、外で遊んでいて水たまりの水飲んじゃうっていう方があり得そう。トイレに雨水使用は危ないから禁止っていうんなら、雨の後水たまりの近くで遊ぶのも違法にしないとね。



本日もご訪問ありがとうございました。
お帰りの際には、記念にお一つ応援クリックよろしくどうぞ!
ブログランキングバナー   にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へにほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ



  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。